ダイエットコラム

Column

2017/03/15

特定のアレルギーや病気との関係

タッチフォーヘルス

 

 

本コラムテーマに記載された病気は、本来、診断または治療の目的で書いているのではありません。

 

 

特定の経験の気づきを高めるかもしれない幾許かの手掛かりを提供するために、テーマにいれました。その時にした筋反射テストが特定の病気または症状を示すというわけではありません。しかし、筋肉が抑制している(ダウンしている)ならば、このアンバランスと典型的に関連した兆候に気づきをもたらして、バランス調整の過程によって改善されるかどうか見たいのです。

 

 

私たちは、診断された病気に関して、特定の兆候が見られたら、改善の確認のために医師に連絡を取り、適切な調整を受けてください。

タッチフォーヘルスのマニュアルで「アレルギー」という用語は、より正確には「エネルギーへの感受性」と表現するのがよいかもしれません。「アレルギー」という用語はアレルギーの医学的な定義を指すのではなく、それよりは、指標筋をテストすることで決められる、エネルギーを抑制する(ダウンする)食品または物質を指すのに用いられています。

 

 

これらの物質が医学的な定義によって実際にアレルゲンであることも、そうでないこともありますが、筋反射テストは、食事の質について気づきを深めるのに非常に効果的なものとして使われてきました。特定の食品がエネルギーに及ぼす影響を調べることで、私たちは常識を当てはめて、食事に体を元気にする食品を使って食事をして補い、または、エネルギー抑制する(ダウンする)食品を食べないでその結果どのように感じるか観察してください。